喘息をアロマでやわらげるという療法が注目されています。アロマテラピー(精油を使用する療法ですが、お香や香水などの香りのリラクゼーション効果も含むことがあるようです)とは、アロマオイルを温めることで広がるオイルの成分と香りによりいろんな効果を得るという療法です。アロマオイルは基本的に植物から抽出した精油(注意事項をよく学んでから使用しないと、深刻な問題が起きることもあるでしょう)ですから、抽出した植物の成分や香りによりそれぞれいろいろな効果を現すことが知られています。ですから、咳を鎮める効果ありアロマオイルや、鎮静する効果によってストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)を発散させる効果ありアロマオイルなど、喘息発作を予防したり発作を弱めたりする効果ありオイルもあるということです。アロマテラピー(フランス系とイギリス系があり、日本ではどちらかというとイギリス系が主流になっています)で使われているアロマオイル(精油をキャリアオイルやアルコールといったもので薄めて、香りを楽しむのに使います)は、100円ショップで発売されているようなものから高額なものまでいろいろ多々あるのです。基本的に、安価なものは植物から抜き出してたオイルではなく、ただのオイルに香り成分を配合しているだけというものが殆どです。そういったものは自分の好みの香りであれば、香りによるリラックス(心からリラックスしていると、人にはみられたくないようなだらしない格好をしていることも珍しくないですよね)効果やストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)解消効果的なんですが、喘息発作を緩和したりという効果はまずないと思ってください。喘息に効果が有るとされるアロマオイルには、以下のようなものがあるみたいです。 ◆咳を鎮める効果 ペパーミント・ユーカリ ◆気道の炎症を鎮める効果 ラベンダー・ローズマリー(香辛料として使われる他、アロマオイルでも定番の精油となっています)・レモン・ティートリー ◆気管の痙攣を鎮める効果 ユーカリ・バジル・月桂樹・カユプテ・サイプレス・イースタンレッドシダー 香り成分に限った事ではなく、その植物から抽出したオイルであることをチェックして使用してくださいねー